田舎のサラリーマン家庭の子、医学部へゆく。
勉強嫌いの子どもがリビング学習で医学部へ。子育て・教育・お金について考えるブログ。
センター失敗

予備校を決める時に気をつけたこと。医学部合格者の卒業高校を確認する。

予備校を決める前には、自分の志望校に合格した先輩がどこの高校出身者なのか、確認してみると良いでしょう。

医学部でも、難関と言われる医学部に合格した人の出身校と、うちの子どものように地方の医学部に合格した人の出身校は、違っているかもしれませんよ。

もしかしたら、合格者の出身校はお子さんの通っている高校とは、レベルが大きく違う可能性があります。

 

私が出会った医学部合格者の出身高校のレベル

私が予備校の相談会でお会いした合格者は、だいたい6〜7人だったと思います。

 

そして、どの子も県でトップ3に入る公立高校、あるいは県でトップの私立校出身者でした。

合格した医学部は、超難関私立医学部から地方の医学部まで様々です。

ただし、難関医学部に合格した人達は、現役の時に既に地方の国立医学部に入れるレベルの学力でした。

 

地方の医学部に合格した人達は、高校で部活ばっかりやっていた人もいたし、うちのように理系が全然ダメな人もいましたね。

 

うちは地方の医学部を考えていたので、後者の人たちから色々と話を聞かせてもらいました。

小中学校での基礎がある人とない人

県のトップ3に入る高校に入学できる人は、少なくとも小中学校の基礎があります。それにプラス自己管理能力も高いでしょう。

 

高校生活が楽しくて部活が楽しくて、医学部受験のスタートを切るのが遅くなったけれど、浪人中は1年しっかり勉強して、医学部合格レベルに達したのでしょう。

 

元々の能力が高い人が本気を出したら、それは伸びる可能性が高いです。

1 2
関連記事