スポンサーリンク

医学部志望者の多くが現状と合格レベルの差を認識できていないかも。

時々、受験について相談を受けることがあります。

当たり障りなく「頑張ってね。」で終わらせれば良いのかもしれませんが、私はよそのお子様でも「〇〇したい。」「〇〇になりたい。」と聞くとなんとかしてあげたくなってしまい、合格できそうなルートを一生懸命に考えます。

そして何人かとお話しして思ったのは、現状の成績と合格レベルとの差を簡単に埋められると思っているのではないか?と言うことです。

それにプラス、学校の先生や予備校のチューターさんは、厳しい現状をどのくらい具体的に本人や保護者さんに伝えているのだろう?と思いました。

なぜ、予備校に何年も通っているのにこんなに当事者意識が低いんだろう?と。たくさんのお金を毎月支払っているのに、子どもも頑張って勉強しているのに、もったいないですよね。

では、どうすればより現実的に差を感じるようになるのでしょうか。

スポンサーリンク

身近に国立医学部や東大合格者がいると現実的に考えるようになる

まずは一般的に言われている医学部受験の現状を調べると良いと思います。先日ご紹介した各サイトにも色々情報が乗っていますし、ネットで調べると医学部受験の過熱ぶりなども分かると思います。

関連記事>>医学部受験初心者🔰の保護者さんにオススメの受験情報サイト。

そうは言っても、何となくひとごとな感じで自分のことに引き寄せて考えられませんよね。私もそうで、とにかくすごく頑張らないとダメだとは分かるのですが、具体的な目標をどう定めて良いのかが分からなかったんです。

そんな時に、子どもの高校の卒業生のセンター得点が発表されました。東大に合格した先輩のものです。得点率が一人は約94%、もう一人の先輩が90%でした。各教科の点数も具体的に記載されていました。

この時初めて「国立医学部や東大に合格するってすごいことなんだ。」と実感しました。子どものチャレンジセンターの得点とは雲泥の差なのが明らかです。

関連記事>>>医学部合格までの軌跡〜高1チャレンジセンター試験の成績〜

あまりの点数の差に、絶望感が・・・。

でも視点を変えると、田舎に住んでいても現役で東大に合格する人はいる。しかも94%取った先輩は全て独学だそうです。すごすぎ!

我が家が家庭で医学部受験を何とかしようと思った大きな要因の1つに、この先輩の存在があったと思います(後から考えると自分達が同じようにできると思ったのはおこがましかったです)。

すごい先輩がいてくれたお陰で、やり方次第で何とかなるかもしれないと子どもも私もすごく勇気をもらいました。

遠いどこかのすごく頭の良い人の話ではなく、身近な高校の先輩の話だと思うと、うちの子供にもチャンスがあるのでは?と希望が。今まで半目を開けて見ていた成績を両目をもっとしっかり開けてシビアに見なければ!と思うようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク